7月5日はバイクに乗って

今週も9時過ぎに出発f:id:Ride-nc:20200705160109j:plain

 

40kmほど高速を走ったら一般道路へ 

f:id:Ride-nc:20200705160156j:plain

 

曇り空の海岸線を走って

f:id:Ride-nc:20200705160248j:plain

 

道の駅で 

f:id:Ride-nc:20200705160434j:plain

 

ご飯の量に対して刺身の方が多過ぎの海鮮丼(上)を。

f:id:Ride-nc:20200705160724j:plain

 

 

f:id:Ride-nc:20200705160814j:plain

 

<HONDA 2BK-MC49> 累計550km時点 

エンジン : 100km/h巡行では、アクセルをフルスロットルできるように握りなおすか、奥から握るかすることでキビキビと走れそうです。 

ハンドル : 100km/h巡行でも振動は特別大きくなることはありませんが、サービスエリアのトイレに寄ったらしばらくの間、手にしびれが残りました。これまでに400~600ccの複数の単気筒バイクを乗り継ぎましたが、短距離の走行でしびれが残る経験は初めてです。カウンターウエイトなり検討する予定です。 

タンク : 90km/hを超えるとタンクにも高周波振動が発生。ニーグリップをしている脚にビリビリと感じます。

サスペンション : 累計の走行距離が500kmを過ぎると一般道走行速度域でもスムーズな作動になりました。リプレイスすることを覚悟していましたが、当面はノーマルサスで乗ろうと思います。

乗車姿勢 : 100km/h巡行でも少し前傾姿勢を取るだけでかなり風を避けられるようです。なので、S Edition に装備されているヘッドライトカウルかメーターバイザー辺りの取り付けを検討することになるかもしれません。

 

7月2日はバイクに乗って

日が暮れる前に高速に乗ったら

f:id:Ride-nc:20200702204638j:plain

 

区間目の途中で燃料計がチカチカと点滅、高速を降りてガソリンスタンドへ

f:id:Ride-nc:20200702205355j:plain

 

日があるうちに走った結果、少なくとも90km/h巡行はokのようです。

f:id:Ride-nc:20200702204712j:plain

100km/h巡行は次回確認。

 

<HONDA 2BK-MC49> 累計330km時点 

エンジン : 適正にアクセルを開ければ90km/hくらいからトラックの追い越しも可能。 

ハンドル : 90km/h巡行でも振動が過大になることはなく許容範囲内。 

サスペンション : 走行距離が1000kmを過ぎてから評価しようと考えていたが、仕様変更された新型レブルのサスペンションは少なくとも高速域では期待以上にスムーズな作動を見せます。そのため現時点では一般道走行速度域のギクシャクとした動きとの差が大きい。

エンジンブレーキ : 高速道路の下り区間でスロットルを戻すと、軽い車体も相まってエンジンブレーキが適度に効いてきて、下りで過度に速度が上がることは無いようです。 

燃費 : メーターの機能で平均燃費が表示されるが37km/ℓ くらい。ちなみに燃料計が点滅を始めると残り燃料は2.2ℓ。リザーブ燃料を消費した量が自動表示されるため、あと何キロ走れるかわかります。

 

6月30日はバイクに乗って

日が暮れてから高速に乗ったら

f:id:Ride-nc:20200630215807j:plain

 

雨が降りそうなので一区間で降りてコンビニに。

f:id:Ride-nc:20200630214309j:plain

 

帰りはパラパラと小雨が降るなか下道で

f:id:Ride-nc:20200630214526j:plain

ナイトライドもokのようですが、高速道路については再度昼間に走って要確認。

 

<HONDA 2BK-MC49> 累計260km時点 

エンジン : 結構な上り勾配の区間だったこともあり、アクセルを開けても80km/hから上は速度がなかなか上がらない。

ハンドル : 80km/hを過ぎたあたりから高周波の振動を感じ始める。速度を維持できなかったため90km/h以上の評価は次回。